Brought to you by VANTIQ
Episode 27
De-siloing the Technological Society
Special episode from Japan with Internet Expert and Computer Science and Technology Professor, Hiroshi Esaki from the University of Tokyo. Professor Esaki shares his involvement with the early days of the Internet as a Chief Architect at Toshiba, industry trends around the world, and what we can expect from event-driven architectures in the near future.
Blaine
Mathieu
Chief Marketing +

Product Officer, VANTIQ
Professor Hiroshi
Esaki
University of Tokyo

日本語版のトランスクリプトを読むには、下にスクロールします。

Blaine: For those watching on video, you can see that this is a very special edition of VANTIQ TV. I’m actually in Japan today at the University of Tokyo and I’m very honored to be interviewing our guest, Professor Hiroshi Esaki of the University of Tokyo. Welcome!

Professor Esaki: Pleasure to meet you!

Blaine: Thank you very much for coming. It is definitely an honor.

Professor Esaki: Great honor to be here.

Blaine: For me as well! So, Professor Esaki is a Computer Science and Technology professor at the University of Tokyo and he’s also one of the most well-known experts in the Japanese information technology industry focused on core Internet technologies, now also including IoT, smart cities, big data, and many other topics. He’s a member of many industry groups and bodies and he is also formerly chief architect at Toshiba Corporation. Very famous!

Professor Esaki: Used to be [Laughter].

Blaine: And you are still very famous in Japan.

Professor Esaki: Thank you so much.

Blaine: Again, thank you!

Professor Esaki: That was a very exciting time, actually.

Blaine: Yes! So, our listeners outside of Japan may not be aware, but VANTIQ recently sponsored the creation of Japan’s new Event Driven Architecture’s consortium, the EDA Consortium. Professor Esaki was the keynote speaker at this event last November. Thank you for doing that. Very interesting presentation.

Professor, why don’t you start telling us a little bit more about what you teach at the University of Tokyo and how you help advance technology in Japan more generally?

Professor Esaki: Actually, our university is one of the top universities in Japan. I’m a Computer Science professor, computer network, lecturing to the best students in Japan as well as the students that come from overseas from Asia, EU, or America. We are teaching them about the computer network – very basic aspects as well as the advanced things regarding the activity with our faculty members as well as industry.

Our graduate school is especially very focused on collaboration with industry as well as global collaboration. We are always providing the student opportunities to work with the industry as well as the global relationship of communication in order to advance to having leadership capabilities for the future of society.

And also, I, myself am working and leading one of the best industry/academia consortiums called WIDE Project: that’s Widely Integrated Distributed Environment. It was established 30 years ago.

At that time, the computer network or “the internet” in its very early stages. Everybody didn’t know and had never known [its potential]. We worked with very famous R&Dresearchers/engineers from the United States such as Vint Cerf and Robert Kahn.

We had the international link from Washington D.C. to Hawaii to Tokyo more than 30 years ago when we did the Internet in Japan, cooperating with especially U.S. people and Asian people as well.

Blaine: Really interesting. I’m not aware of that history.

Professor Esaki: Thank you.

Blaine: Very, very interesting and you were involved right from the start.

Professor Esaki: Yeah. I was involved in the very early stages and also I was working for the Toshiba Corporation. That was almost 30 years ago. Actually then, I invented the original technology of the MPLS (multi-protocol label switching). That was our first work. That is integration of the telecom technology and the Internet: introducing those traffic engineering technologies or VPNtechnology to the Internet domain.

Blaine: Wow that is quite a history. How did you first get into technology? How did you decide to get into this field?

Professor Esaki: That’s thanks to the Toshiba Corporation. I was an engineer at Toshiba Corporation working in MPLS. They allocated me as a chief architect for the MPLS project at Toshiba. I met with professor Jun Murai, a very famous guy globally. He is called the father of the Internet in Japan and also called a samurai. He did a lot of work with Vint Cerf, actually.

Blaine: Interesting. Well, I am going to have to read up on more of my history of the Internet now after this interview. Very, very interesting.

You mentioned the collaboration with the government a minute ago. As I do more and more business in Japan, it is very clear how close the government and industry are and how much they work together, more than in most other countries. Why do you think that’s true?

Professor Esaki: Basically, at the beginning, the Internet came from the business domain and academia. Though, since the Internet is a global infrastructure, we were always talking with governments. Sometimes, we had to fight with them. Then, the politicians started to realize the Internet was the infrastructure platform for every single business operation as well as social operations or social activities.

We have to talk with them. That is called a multi-stakeholder operation. We are always talking to every single government from the viewpoint of the global operation of the Internet itself; how we provide them the direction and strategy to stimulate, establish, or innovate the existing society and the industry from the viewpoint of computer network, especially from the internet business/governance point of view.

Blaine: Very, very interesting. Thank you for that background. What particularly excites you about what’s going on in Internet technologies today?

I realized the very first stage of the Internet was only the web, just for the engineers or scientists. We had the Internet service provider. Then, that goes to the platforms for business people.After that, we have SMS[instant messaging]. That is for the people. It was five or 10 years ago. Then, we are going to IoT: every single device is going to be connected.

Also, when we think about industry, our area that the computer is covering,used to be the IT industry only. Now, we are covering all industry: construction, transportation, etc. An interesting symbol is the smart city. We are going to build all of the city based on the IT technology.

Blaine: Where everything is connected, everything is communicating and being analyzed and controlled in real time.

Professor Esaki: Right. And also, something very interesting is I always talk with the Japanese government as well as the other government people, industry. We should think about the design and the build operation of the smart city. It should be based on the principle of the Internet.

Well, the Internet is not only the technology. But, also there is a principle, a discipline how to make a system from the architecture point of view. As you mentioned, everything’s got to be connected. That is the kind of geneof the Internet.

If you are a business man, you don’t want to connect people, right? Only you. Only this time. Only here. That is always the business drill. Though, what the Internet changed from that business behavior is everything’s got to be connected. You can use this device if you want to to use it. That is a basic principle of the Internet.

Once we introduce those Internet genesinto the building and interest in the smart city, smart community, or smart globe, a very different system is going to be built.

Blaine: Are smart businesses embracing these systems?

Professor Esaki: Everybody is saying “digital innovation” or “digital transformation”. With my understanding, digital transformation is not only changing by the IT technology. Our Internet architecture or this discipline is providing you with [instructions] on how to use, for example, this particular resource.

The example is sharing economy. Sharing economies is not about ICT. Of course, ICT, while supporting them, how to manage your profit, resources, or assets compared to the 20th century concepts is a completely different idea we are going to have. That’s what I call “digital transformation”.

Blaine: So, digital transformation is as much about the business model transformation as it is about the technology transformation? You need both.

Professor Esaki: Right. Exactly.

Blaine: Do you feel that digital transformation is at a different stage in Japan than in the US? What are the differences between how these two areas are transforming with technology?

Professor Esaki: Apparently, regarding business, the deployment, I think the US and even China. Those two countries are leading a lot because of the changing of the whole of the business structure using digital transformation by using ICT technologies.

How about Japan? We have already worked on this, say smart cities/smart factory concept for more than 20 years. That is a bad part of Japan because many people may think we did the same thing before or we have this already. That is totally the risk of Japan now. We are having some experience and we have some good experience using IT technology in order to improve the efficiency.

The best example would be Toyota Corporation, Toyota Motors. They use IT technology in a very efficient factory system for the automobile factories. Though, they started to realize they have to change. That’s the real collaboration between US and Japan.

Blaine: Interesting.

Professor Esaki: We have the good capability. You have the best one in the global way. That is the real global collaboration/cooperation fusing those two cultures and experiences.

Blaine: Now, Japan has long been known as a leader in robotics, a very, very important area and component of digital transformation. Is Japan still remaining a leader?

Professor Esaki: Well, I hope so. The interesting thing is the cyber and the physical. People may say “cyber-physical integration”. Japan is apparently good for the physical way, physical robotics. Then, how to efficiently control the robot is a key of the ICT, AI or big data.

Even if you have the good AI, if the physical robot is bad physically, it doesn’t work. The real integration/cooperation is quite important in order to have the best quality of operation/best quality of a system.

Blaine: Yeah. Makes a lot of sense. You need to connect a very powerful, physical world with the very powerful computer world: artificial intelligence, machine learning, and then very capable robots that can collaborate together.

Professor Esaki: Though, one of the things I tried to change in the mindset of the Japanese people is the Japanese people tend to say, “we have the best physical system.” Then, they don’t want to use the ICT technologies. The Japanese people and the rest of the world tend to think about the physical first. They can control the physical by ICT. That’s called the digital twin. I think that’s the old way.

Everything will be changing rapidly, I quote as “digital first” or “cyber first”: cyberspace designed first having enough simulation, evaluation, then print it out to the physical domain.

Blaine: Instead of the other way around: create the physical first and then create a digital twin of the physical. You say start with the digital, then optimize, then create the physical.

Professor Esaki: That’s why I am sharing this idea to the Japanese government officers as a Society 5.0. Japanese government starts out in the idea of the Society 5.0. That is a post project of Industry 4.0

Blaine: Talk more about Society 5.0. I think outside of Japan, many people will not have heard of the concept, but I know everybody talks about it in Japan technology. Talk about Society 5.0. What is it?

ProfessorEsaki:It was about four or five years ago. Everybody was talking about Industry 4.0. That came from German and US Corporations. The target was smart factories or supply chain management basically. That is more supply chain management or factory automation, factory control. That was the Industry 4.0.

Though, if we think from the beginning, supply chain is a part of the society. It’s a social activity. Japan is going to focus on a larger footprint. The supply chain of the industry is a very important infrastructure. Though, we must build the whole of the social infrastructure. That is the idea of Society 5.0.

Also, the first plan of the Society 5.0 designed by the Japanese government [was done in a] very national way, only on Japanese soil. We are trying to change that. This must be a global thing. An important contribution by the Japanese industry or Japanese society is working with rest of the world, especially, of course, the United States, Asian countries, Middle East, or Africa. We should help them to make very efficient social infrastructure from the scratch. Then, having a very efficient, very innovative global infrastructure we want to salvage.

Blaine: Outside of Japan, which country do you think is most advanced in thinking about Society 5.0?

Professor Esaki: One of the most interesting countries would be China.

Blaine: I had a feeling you were going to say China.

Professor Esaki: And also Dubai.

I talked with senior executives of Dubai city. They are transforming their system where every single city system is going to be based on blockchain. Also, they are starting to have a whole-city simulation that is based on the BIM, (building information models). Dubai’s going to be digitized. That is what they are talking about. Somehow, they are ahead of China, maybe. China has already done their smart city operation, but Dubai has even more exciting things, I think.

Blaine:Very interesting. We talk a lot about China in VANTIQ TV. But, you’re the first person to bring up Dubai. And I think you’re right. They are investing so much in technology and infrastructure and they have the ability to make sure it is all connected because they have control over the system.

Professor Esaki: Yeah because I think they always see the US and China as a reference for them.

The first time I talked with them was interesting. The Dubai government’s going to integrate all of the agency in the government using a shared database of sensors in the government system. Then [they are] going to expand out into the industries, private sectors, especially California.

Blaine: Very, very interesting. Thank you. Well, that’s probably a good introduction to the notion of event-driven architectures that I think are probably necessary to make all of this happen. Can you tell us a little bit more about your thoughts on event-driven architectures and why you spoke at the recent event driven architectures consortium?

Professor Esaki: The history or the dynamism of the computer network is always going through the centralized and distributed. That is always changing. Then, is has a positive spiral, growing up.

The very beginning of the Internet is fully distributed. Then, the website, that’s going to centralized. Then, going into the data center. That is the current stage as per my understanding.People started to think the data center was so crowded. It was so far away having this large latency.

The other interesting thing was people started to realize databases were very slow. Of course, they want to store huge data sets, having the big data or operations. Though, that is kind of a patch job. It is not a real-time operation. In the real situation, especially in the factory or automobile operation, navigation, factories need a real-time operation.

Coming back from the centralized, the cloud operation, to the decentralized, distributed, event-driven, or a message-driven architecture is what we really want to have.

Also, an important thing is themicrochipdevelopment. Even though they are a very small chip, there have huge computing powers and memories in them. That is the very strong equipment or gear to change to run the event-driven architecture.

Of course, we have computer science. So, we know a lot. We have a lot of ideas before we have the real system. Everyone thinks this distributed was good, right?

Blaine: Yeah.

Professor Esaki: Of course. Though, there were not enough gigabytes 10 years ago. Now, after 10 years, a very small chip is going to be a lot like a supercomputer now. Why don’t we use that equipment as the really distributed computing environment?

I always say, when we started small city or smart building work, it was about 15 years ago. At that time, we needed a database. Though, we never used a very slow, legacy database. We used our own, very fast data storage. So, we said “data repository” rather than database because database is very slow because of the very neutral or multi-purpose [aspect of it]. We wanted to have more mission-oriented implementation.

Blaine: Mission Critical.

Professor Esaki: Sure. Mission critical and mission oriented. Then, the system itself can be changed a lot. You’re using the open technologies. That is coming back. That is the Internet. Open technology distributed away. Then, every single device we can access wherever you want. That’s really coming up. That is the event-driven architecture.

Blaine: Very interesting. So, we can enable real-time business operations by combining event-driven architectures and distributed computing enabled by the latest generations of hardware that can run on the edge. That’s what you’re saying?

Professor Esaki: Right. But then, because of the Internet implementation into such event-driven architectures, even though you have the real-time, data-driven operation, you can co-exist with the existing cloud computing system. Because we need A.I. We need a big data operation, even through the EDA environment. That’s a real marriage of the cloud computing and the IoT/machine-to-machine operation.

Blaine: It makes perfect sense because you can’t throw out all the legacy systems and technologies. You have to connect to them and bring them into the world of real-time enterprise.

Professor Esaki: Yeah! That’s core with this new area because we already have huge cloud computing like Amazon, Google, or Facebook. Thank you very much. They’re providing very cheap infrastructure for us. So, we can reuse them as the bad job. Then we can build our own, local-premises system by ourselves.

Blaine: Makes perfect sense. Wow. As you know, this channel on VANTIQ TV is called “The Real-Time Enterprise” and this is the most relevant interview we’ve ever had on this topic. So, thank you for this!

Professor Esaki: Well, thank you!

Coming back to my original work, MPLS. It [exists] because the routeris very small. It’s slow enough because of the software operation processing. I, stealing the A.T.M. switch at the hardware, can change the operation hugely.

It was my idea at the time then. Everything’s got to be able to be changed by the age of the change in the assumption of the system. So, thank you so much. We are now having the backend infrastructure built well. Then, why don’t we have the new infrastructure?

Blaine: I agree. Why don’t we? We should. Absolutely. Well, thank you.

This is the part of the conversation where I ask you to maybe reflect on an area of conventional wisdom where most people are saying something and you actually think a little bit different. What might an area be where you think differently than most people?

Professor Esaki: One very interesting [thing] is when we talk with the embedded system engineers, they don’t know internet. Even they don’t know about operating systems. They have their own world. They never think about cybersecurity, for example. They never think of how to transfer the data to the cloud or to the other equipment. They always have been in their closed, own world. That is called a silo.

We have to change this situation, de-siloing. If we want to change the social structure, then that is a real digital innovation. De-siloing means: say system A and system B. In the factory, they never talk to each other because of the different technology, philosophy, regions. We have to change the world. We can’t connect them using technology.

We are always educating them, “Why didn’t you use the general operating system? You used to say the same thing aboutshared data formats. Or, especially in the Society 5.0 discussion I did with the Japanese government once, every single person was saying “we need a standardized technology, common data format.” That is an excuse for them: stopping or blocking. They’re de-siloing.

What I proposed, and what was clearly mentioned in the Japanese government documentation, was in the Society 5.0, every single player must provide transparent, technical specification in order to access and translate the data in order to use the system. That is the first stage we should do.

After that, we may have the common data set, common data format, afterward based on the real experienced operation. So then, the important thing is we need a platform [where they can] easily build such an environment. The bad thing or worse case is they don’t have such experience at all. We need a very easy platform to be able to handle and to build, but by them. That’s a key to help them, support them in order to de-silo their system.

Blaine: Very interesting and thank you for giving me a new word in my vocabulary: de-siloing. That’s one I will use from now on. A very powerful concept. I agree.

Professor Esaki: And also, the other thing is Japan is the one of the most senior society countries. We have a lot of senior persons and a small number of the younger engineers. We really need a very easy technological platform for ourselves. The young engineer now must perform twice or three times than us. So, we need a very effective platform to help them. I am expecting VANTIQ to provide a very efficient developing environment to help those situations.

Blaine: Well thank you for that. I think you’re right. Enabling edge computing and event driven architectures but doing it in a way which is easy and fast is the key.

Professor Esaki: Because of the small number of engineers, we have a small number of capabilities or resources, especially in Japan. That’s completely different from the United States of America, I think. You have a lot of engineers right now.

Blaine: But even though there are more engineers in the US, there are still far more projects to do than there are engineers. Even in the US, there aren’t enough engineers. So, still a problem everywhere.

Professor Esaki: I think that is the important role of artificial intelligence as well. Artificial Intelligence should be helping such a situation. Then, the other important thing is every single other advanced people should want to integrate [a particular] AI and platform. That’s lock in – that is siloing.

We really wanted to make a stitching between the platform and AI on big data. Then, the platform itself be able to select which AI is good or not. That is the idea of the Internet structure. We’re always asking you to not absorb the AI deeply into your system. That should be more isolated.

Blaine: So, you can pick which AI or machine learning system is the best one for one particular problem. Very interesting.

Professor Esaki: Or, in the future, you can change the AI.

Blaine: I think you’ve already touched on it, but any predictions for technology in 2019?

Professor Esaki: I think because the technologies are already proved or have been in the test-bed operation, the real business operation is going to come out. We already have smart factories. That is going to expand to community-level or city-level operations. Also, I think global supply chain operations will be applied too, much like what GE and Boeing are already doing. A global supply chain management using AI and IoT computer networks will happen in 2019, I believe.

Blaine: I believe you’re right. Well, that wraps it Professor Esaki. Thank you for your time!

Professor Esaki:Thank you so much.

Blaine: You’re welcome.

Thank you for the very insightful conversation.

Professor Esaki: My honor.

Blaine: Truly, one of the best VANTIQ TV interviews we have ever had. I truly believe that. Your knowledge of the topics is very deep.

Professor Esaki: I am really expecting you to be the solution.

Blaine: I hope so! I hope so! This is Blaine Mathieu signing off for VANTIQ TV at the University of Tokyo in Japan. Listeners from around the world can reach out to me anytime at [email protected]

To see professor Esaki’s website, click here.

Professor Esaki: Thank you.

 

Blaine:視聴者の皆様、今回はVANTIQ TVのスペシャルエディションです。私は本日日本の東京大学を訪問しております。大変光栄なことですが、今回は東京大学の江崎宏教授をゲストにインタビューします。ようこそVANTIQ TVへ!

江崎教授:お会いできて光栄です。

Blaine:ご出演いただきありがとうございます。大変光栄です。

江崎教授:こちらこそありがとうございます。

Blaine:江崎教授は東京大学のコンピュータサイエンステクノロジーの教授であり、IoT、スマートシティ、ビッグデータ、その他の多くのトピックを含めたインターネットの中核技術にフォーカスした日本の情報技術業界で最も有名な専門家の一人です。

多くの業界団体のメンバーであり、また以前東芝のチーフアーキテクトもされていた非常に有名な方です。

江崎教授:以前は。

Blaine:今も日本で大変有名です。

江崎教授:ありがとうございます。

Blaine:ありがとうございます。

江崎教授:大変エキサイティングな時間でした。

Blaine:日本国外のリスナーはご存知ないかもしれませんが、VANTIQ は最近、日本の新しいイベント・ドリブン・アーキテクチャのコンソーシアムであるEDA コンソーシアム創設のスポンサーとなりました。江崎教授教授には、昨年11月、このイベントで基調講演を行っていただきました。その節は、大変興味深いお話をありがとうございました。

教授、東京大学で何を教えているのか、またどのように日本のテクノロジーを発展させようとしているのか、少し詳しく教えてください。

江崎教授:東京大学は日本でトップの大学の一つです。私はコンピュータサイエンス、コンピュターネットワークの教授で、日本の最高レベルの学生や、アジア、EU、アメリカから来た学生に講義をしています。我々は、基本的なことだけでなく、教員や産業と一緒に活動に関する高度なコンピュータネットワークについて教えています

大学院では特に、産業やグローバルとのコラボレーションにフォーカスしています。常に学生には、社会の未来のためのリーダーシップ能力を養えるように、産学連携やコミュニケーションのグローバルリレーションシップをとる機会を提供しています。

また私自身も、WIDEプロジェクト という最高の産学コンソーシアムの一つをリードしています。WIDEはWidely Integrated Distributed Environmentの略で、30年前に設立されました。

その時代、コンピュータネットワークあるいはインターネットは創成期であり、誰もその可能性を知りませんでした。我々は Vint Cerf Robert Kahn のような著名な米国の研究者・技術者と仕事をしました。

日本でインターネットの仕事をした時から30年以上に亘り、ワシントンD.C. 、ハワイ、東京と国際的な繋がりを持ち、米国やアジアの人々と協力してきました。

Blaine:とても興味深いです。その歴史を知りませんでした。

江崎教授:ありがとうございます。

Blaine:本当に興味深いです。教授はスタートから関与していたのですね。

江崎教授:そうです。非常に早い段階から関与し、東芝の社員でもありました。約30年前のことです。当時私は、MPLS (multi-protocol label switching)という独自の技術を開発しました。我々の最初の仕事です。それは通信技術とインターネットの統合で、トラフィックエンジニアリング技術や VPN の技術をインターネット領域に持ち込みました。

Blaine:すごい歴史ですね。最初はどのようにこの分野で仕事をされることを決めたのですか?

江崎教授:東芝株式会社のおかげです。私は東芝のMPLS エンジニアでした。東芝のMPLS プロジェクトのチーフアーキテクトに任命されました。そこで世界的に有名なJun Murai教授と出会いました。彼は日本ではインターネットの父、また侍と呼ばれています。彼はVint Cerfとたくさんの仕事をしました。

Blaine:面白いですね。私はこのインタビューの後すぐにインターネットの歴史に関して読むつもりです。本当に興味深いです。

教授は先ほど、政府との協力に言及されました。VANITQは日本でのビジネスがますます増えており、他どの国よりも政府と産業が密接に働いていることを知りました。そのように思われますか?

江崎教授:まず始めに、インターネットはビジネス領域と学界から生まれました。しかし、インターネットはグローバルの基盤であるため、常に政府と会話してきました。我々は時々政府と戦わなければなりませんでした。後に、インターネットはすべてのビジネスオペレーション、ソーシャルオペレーションや活動にとってのインフラストラクチャプラットフォームだと理解され始めました。

我々は彼らと会話しなければなりません。これは、複数の利害関係者にまたがるオペレーションと言われています。我々は常にインターネットそれ自体グローバルなオペレーションという観点からそれぞれの政府と話しています。コンピュータネットワーク、特にインターネットビジネス/ガバナンスの観点から、既存の社会や産業を刺激し、確立し、イノベートするための方向性と戦略をどのように提供するかについてです。

Blaine:大変興味深いです。背景についてお話しありがとうございます。今日のインターネット技術で起きていることの中で、特にどのような事が興味深いでしょうか?

江崎教授:非常に初期のインターネットはエンジニアや科学者のためだけのウェブに過ぎませんでした。インターネットサービスプロバイダができ、ビジネスにとってのプラットフォームとなります。その後、一般の人々のためのSMSができます。5年か10年前のことです。そして、IoT が生まれ、様々なデバイスが繋がっていきます。

また、産業について考えると、コンピュータがカバーしている分野はかつてIT 業界だけでした。今は建設、輸送など全ての産業をカバーしています。興味深いものの一つはスマートシティです。全ての都市を、IT技術を基盤として構築するつもりです。

Blaine:全てが繋がれば、全てが通信し分析され、リアルタイムで制御されるようになります。

江崎教授:その通りです。常に日本政府だけでなく、他の政府の人々、産業と話をすることは非常に興味深いものです。スマートシティのデザインと構築オペレーションについて考える必要があります。インターネットの原理に基づいている必要があります。

インターネットは単なる技術ではなく、アーキテクチャの観点からシステムを構築する方法の原理、規律があります。おっしゃる通り、あらゆるものが繋がるようになります。それはインターネットの遺伝子です。

もしビジネスマンなら、人々を繋げたくないですよね?自分だけ、今だけ、ここでだけ、これは常にビジネスのやり方です。しかし、インターネットがそのビジネスの振る舞いから変化させた事は、あらゆるものが繋がらなければばらないということです。使いたいときにそのデバイスを使うことができるのです。これはインターネットの基本原理です。

インターネットの遺伝子をスマートシティ、スマートコミュニティ、またはスマートグローブの構築に導入すれば、全く異なるシステムが構築されるのです。

Blaine:スマートビジネスは、これらのシステムを採用していますか?

江崎教授:誰もが“デジタルイノベーション”とか“デジタルトランスフォーメーション”と言っています。デジタルトランスフォーメーションはIT技術によって変化するだけでないと思っています。インターネットアーキテクチャやこの原則は、例えばこの特定のリソースを使用する方法についてのインストラクションを提供しています。

シェアリングエコノミーの例です。シェアリングエコノミーはICT に関するものではありません。もちろん、ICT はサポートしていますが、20世紀の概念と比較して、あなたの利益、リソース、資産を管理する方法は、全く異なるアイデアです。それは、私が“デジタルトランスフォーメーション”と呼ぶものです。

Blaine:では、デジタルトランスフォーメーションは、テクノロジーの変革と同様、ビジネスモデルの変革でもあり、両方が必要なのですね。

江崎教授:その通りです。

Blaine:デジタルトランスフォーメーションは、日本は米国とは異なる段階にあると感じていますか?技術で変革を起こしている両国の間に違いはありますか?

江崎教授:ビジネス、その展開といえば、米国と中国について考えます。この2つの国は、ICT 技術を活用したデジタルトランスフォーメーションを利用し、事業構造全体の変化させる事で大きくリードしています。

日本はどうでしょう?我々は20 年以上前からスマートシティ/スマートファクトリーの概念について検討しています。多くの人が前に同じことをしたか既にあると思うかもしれません。これは日本の良くないところです。今の日本にとって完全にリスクです。我々は効率を向上させるためにIT技術を活用した良い経験があります。

最良の例は、トヨタ自動車です。彼らは、自動車工場において非常に効率的な工場システムでIT技術を使用しています。しかし、彼らは変化しなければならないことに気づき始めました。それは日米にとって真のコラボレーションです。

Blaine:興味深いです。

江崎教授:我々は高い能力を持っています。あなた方はグローバルで最高のものを持っています。これは二つの文化と経験を融合させた真のグローバルなコラボレーション/協力です。

Blaine:日本はデジタルトランスフォーメーションの非常に重要な分野であり要素であるロボット工学のリーダーとして古くから知られています。日本はまだリーダーのままですか?

江崎教授:そう願っています。興味深いのは、サイバーと物理的なものです。人々は“サイバーと物理的なものの融合”と言うかもしれません。日本は物理的なロボティクスは得意そうです。ロボットを効率的に制御する方法は、ICT、AI、ビッグデータの鍵です。

優秀なAI を持っていたとしても、物理的なロボットが良くない場合、それは動作しません。真の融合/協力は、システムの最高品質の操作/最高品質を得るためにとても重要です。

Blaine:おっしゃる通りです。非常に強力な物理世界を強力なコンピューター世界に結びつける必要があります。人工知能、機械学習、そして一緒に協力することができる高い能力を持ったロボット。

江崎教授:しかし、私が日本人のマインドセットで変えようとしたことの一つは、日本人は、“我々は最高の物理的なシステムを持っている”と言う傾向があるということです。それでICT 技術を使いたがらない。日本人も世界の人々も、最初に物理的なものについて考える傾向があります。ICT によって物理的なものを制御することができます。それをデジタルツインと言います。私はそれが古いやり方だと思います。

すべてが急速に変化するでしょう、私は“デジタルファースト”または“サイバーファースト”を引用します。サーバースペースは、まず十分なシミュレーション、評価を受け、物理的なドメインへと適用されるようデザインされています。

Blaine:物理的なものを最初に作り出し、そのデジタルツインを作成するという方法ではなく、教授は、デジタルから始めて、最適化し、そして物理的なものを作り出すというのですね。

江崎教授:だから、私はこの考えをSociety 5.0 として日本政府の役人と共有しています。日本政府は、Society 5.0 の思想に着手しています。これはIndustry 4.0 のポストプロジェクトです。

Blaine:Society 5.0についてもっと話してください。日本の外では、多くの人がその概念について耳にしたことがないと思いますが、日本の技術の世界では誰もが語っていることを知っています。Society 5.0とは何でしょうか、もっと話してください。

江崎教授:4、5年前のことです。誰もがIndustry 4.0 について話していました。それはドイツとアメリカの企業がもたらしました。ターゲットは基本的にスマートファクトリーかサプライチェーンマネージメントでした。サプライチェーンマネージメント、ファクトリーオートメーション、ファクトリーコントロールに多く適用されました。それがIndustry 4.0 でした。

最初から考えると、サプライチェーンは社会の一部です。一つの社会活動です。日本はより大きな領域に焦点を当てるつもりです。産業のサプライチェーンは非常に重要なインフラです。しかし、我々は社会インフラ全体を構築する必要があります。それがSociety 5.0 の考え方です。

日本政府によってデザインされたSociety 5.0 の最初の計画は、日本に限り、とても国家的な方法で行われました。我々はそれを変えようとしています。これはグローバルなものでなければなりません。日本の産業や日本社会は、世界の他の国々で、特に米国、アジア諸国、中東、アフリカで重要な貢献をしています。我々は非常に効率的な社会インフラをスクラッチから作り上げ、サポートすべきなのです。非常に効率的な、非常にイノベーティブなグローバルインフラストラクチャを持つよう支援したいと考えています。

Blaine:日本国外でどの国がSociety 5.0に関して最も先進的であると思いますか?

江崎教授:最も興味深い国の一つは中国でしょう。

Blaine:中国とおっしゃると思いました。

江崎教授:そしてドバイ。

ドバイ市のシニアエグゼクティブと話ました。彼らは、すべての都市システムをブロックチェーンに基づくよう変革しています。また、BIM(建造物情報モデル)をベースに全都市全体のシミュレーションを始めています。ドバイはデジタル化されようとしています。彼らはそう話しており、彼らは中国に先んじているかもしれない。中国はすでにスマートシティオペレーションを持っていますが、ドバイはさらにエキサイティングなものを持っていると思います。

Blaine:非常に興味深い。私たちはVANTIQ TVで中国について多く語っています。しかし、教授はドバイを持ち出した最初の人です。私はあなたが正しいと思います。ドバイはテクノロジーやインフラストラクチャに多大な投資を行っており、システムを超えて制御できるため、全てのシステムを繋げる力を持っていると思います。

江崎教授:そうです、ドバイは常に米国と中国を参照していると思いますので。

初めて話した時は面白かったです。ドバイ政府は政府システム内のセンサーの共有データベースを使用して、政府のすべての機関を統合するつもりです。後に、産業や民間セクター、特にはカリフォルニアへ進出する予定です。

Blaine:非常に興味深いですね。ありがとうございます。これはおそらく、このすべてを実現するために必要と考えられるイベント・ドリブン・アーキテクチャの概念について語るための良いイントロダクションです。イベント・ドリブン・アーキテクチャについての考えや、最近イベント・ドリブン・アーキテクチャのコンソーシアムでどのようなお話をされたのか、詳しく教えていただけますか?

江崎教授:コンピュータネットワークの歴史やダイナミズムは、常に集中したり分散したりしています。常に変化しています。ポジティブスパイラルで成長していきます。

インターネットの始めは、完全に分散しています。その後、ウェブサイトで集中します。そしてデータセンターとなります。これが現在の段階だと思っています。人々はデータセンターがとても混み合っていると思い始めました。このレイテンシーはとても長いものでした。

また他に興味深いことは、人々がデータベースは非常に遅いということに気が付き始めたことでした。もちろん、彼らはビッグデータやオペレーションによって、巨大なデータセットを格納したいと思っています。しかし、それは一種のバッチジョブです。リアルタイムオペレーションではありません。実際の状況では、特に工場や自動車のオペレーションでは、ナビゲーションや工場がリアルタイムの操作を必要とします。

集中型のクラウド運用から、非集中型、分散型に戻ると、イベントドリブンやメッセージドリブンアーキテクチャが本当に必要になります。

また、重要なものの一つにマイクロチップ開発があります。非常に小さなチップであるにもかかわらず、その中には膨大な計算能力とメモリがあります。これはイベント・ドリブン・アーキテクチャの実行へと変革させる強力な機器でありギアです。

もちろんコンピュータサイエンスもあります。我々は多くのことを知っています。リアルなシステムを持つ前に、多くのアイデアを持っています。誰もがこの分散型は良いと思いますよね?

Blaine:はい。

江崎教授:しかし、10年前は十分なギガバイトがなく、10年後の今、非常に小さなチップはスーパーコンピュータのような存在になっていくでしょう。その機器を実際に分散コンピューティング環境として使用してみてはどうでしょう?

私はいつも、15年程前にスマートシティやスマートビルディングの仕事を始めたと言っています。当時はデータベースが必要でした。しかし、我々はあまりに遅い、レガシーデータベースを使用したことはありませんでした。独自の、非常に高速なデータストレージを使用していました。データベースは非常にニュートラルで多目的であるために遅く、そのため我々はデータベースではなく“データリポジトリ”と呼んでいました。より多くのミッション指向の実装をしたいと思っていました。

Blaine:ミッションクリティカルですね。

江崎教授:そうです。ミッションクリティカルであり、ミッション志向。そうして、システム自体が大きく変化できます。オープンテクノロジを使用しています。戻ってきました。インターネットです。オープンテクノロジーが分散しました。そうして、すべての単一のデバイスに、どこにでもアクセスすることができます。かなり現実的になってきました。これがイベント・ドリブン・アーキテクチャです。

Blaine:非常に興味深いです。エッジ上で実行できる最新世代のハードウェアによって実現されるイベント・ドリブン・アーキテクチャと分散コンピューティングを組み合わせることで、リアルタイムのビジネスオペレーションを実現できます。そういうことでしょうか?

江崎教授:その通りです。しかし、このようなイベント・ドリブン・アーキテクチャへのインターネットを導入することで、リアルタイムのデータドリブンオペレーションがあるにもかかわらず、既存のクラウドコンピューティングシステムと共存させることができます。AIが必要です。EDA 環境でさえビッグデータの操作が必要とされます。クラウドコンピューティングとIoT/マシンToマシン操作の融合です。

Blaine:レガシーシステムとテクノロジーを捨てきることができないということが、完璧な意味を持たせます。リアルタイムエンタープライズの世界に持ち込まれ、繋ぐ必要があります。

江崎教授:そうです。Amazon、Google、Facebook などの巨大なクラウドコンピューティングをすでに持っているため、これが新領域の中核となります。感謝します。彼らは我々のために非常に安いインフラを提供してくれます。我々は反面的にそれらを再利用することができます。そして、我々自身で独自のローカルプレミスシステムを構築することができます。

Blaine:完璧です。ご存じのように、VANTIQ TVのこのチャンネルは“リアルタイムエンタープライズ”と呼ばれ、このトピックでは最適なインタビューです。ありがとうございます

江崎教授:ありがとうございます。

MPLSという元々の仕事に戻ると、ルーターは非常に小さいためMPLSがあります。ルーターはソフトウェアオペレーションの処理にはあまりに遅いのです。ハードウェアでA.T.M. スイッチを使って、大きくオペレーションを変更することができます。

当時の私の考えでした。システム仮説の変化の時代が到来し、全てを変えることができるようになりました。感謝しています。今はよくできたバックエンドインフラストラクチャがあリます。ではなぜ新しいインフラストラクチャが必要なのでしょうか?

Blaine:賛成です。そうすべきだからです。

ここは、多くの人が言及していますが、教授の考えは少し異なっている従来の見識の領域について、振り返るようお願いしたパートです。多くの人と異なる教授の考えている領域とはなんでしょうか?

江崎教授:一つ面白いことは、我々が組込みシステムエンジニアと話すとき、彼らはインターネットを知りません。オペレーティングシステムについてさえ知りません。彼らは自分の世界を持っています。たとえば、サイバーセキュリティについて決して考えません。クラウドやその他の機器にデータを転送する方法について考えることはありません。彼らは常に閉じた自分の世界の世界にいます。これをサイロといいます。

我々はこの状況を変え、サイロ化の逆を行われなければなりません。社会構造を変えたいのであれば、それは本当のデジタルイノベーションとなります。逆サイロ化は次のことを意味します。システムA とシステムB。工場では、その二つは異なる技術、哲学、地域を理由にお互いに会話することはありません。我々は世界を変えなければなりません。テクノロジーを使って繋げることはできません。

私たちは常に教育しています、“なぜ一般的なオペレーティングシステムが使用されなかったのでしょうか?”共有データ形式についても同じことが語られました。特に以前に日本政府と行ったSociety 5.0 議論の中では、誰もが“標準化された技術、共通のデータ形式が必要だ”と言っていました。それは停止やブロッキングするための言い訳です。逆サイロ化をしています。

私が提案したこと、日本政府の文書で明確に述べられたことは、Society 4.0 にあり、各プレイヤーはシステムを使用するためにデータにアクセスし、翻訳のために透明な技術仕様を提供しなければならないということです。それは我々がやるべき最初の段階です。

その後、我々は実際に経験したオペレーションに基づいて共通のデータセットや共通のデータ形式を持つようになります。重要なことは、我々は環境を簡単に構築するプラットフォームを必要としているということです。悪いことに、全くそのような経験を持っていません。構築し扱うことができるような簡単なプラットフォームを必要とします。システムを逆サイロ化するためのするための鍵です。

Blaine:非常に興味深いです。逆サイロ化という新しい語彙をいただきありがとうございます。これから使わせていただきます。強力な概念ですね。賛成です。

江崎教授:また、もう一つは、日本が高齢化社会の国であるということです。多くのシニアがおりますが、若いエンジニアの数は少ないです。本当に我々自身のためにとても簡単な技術プラットフォームを必要としています。若いエンジニアは我々よりも2、3倍働かなければなりません。ですから、彼らを助けるために非常に効果的なプラットフォームが必要です。私は、VANTIQがこういった状況を改善できる効率的な開発環境を提供してくれることを願っています。

Blaine:ありがとうございます。おっしゃる通りです。エッジコンピューティングとイベント・ドリブン・アーキテクチャを可能にするためには、簡単で高速な方法であることが鍵です。

エンジニアの数が少ないため、特に日本ではケイパビリティやリソースが少ないです。アメリカ合衆国とは全く違うと思います。今多くのエンジニアがいらっしゃいますね。

Blaine:しかし、米国には多くのエンジニアがいるにもかかわらず、はるかに多くのプロジェクトがあります。アメリカでもエンジニアが不足しています。どこでも問題があります。

江崎教授:それが人工知能の重要な役割だと思います。人工知能により、このような状況を救うべきです。そして、もう一つ重要なことは、あらゆる先進的な人達がAI とプラットフォームを統合したいと思っていることです。ロックインされており、サイロ化しています。

我々はビッグデータ上のAIとプラットフォームを融合したかったのです。プラットフォーム自体が、AI が良いかどうかを選択することができます。それがインターネット構造の概念です。我々は、AI をシステムに深く取り込まないよう常に言っています。切り離しておくべきです。

Blaine:特定の問題に最適なAIまたは機械学習システムをどちらでも選択できるということですね。大変興味深い。

江崎教授:または、将来的にはAI を変えることができます。

Blaine:それについてはすでに触れられていますね。2019年のテクノロジーの予測に関してはいかがでしょうか?

江崎教授:テクノロジーは既に証明されているか、またはテストベッドのオペレーションにあるので、真のビジネスオペレーションが出現するようになると思います。すでにスマートファクトリーがあります。これは、コミュニティレベルや都市レベルのオペレーションに拡大しようとしています。また、GE やボーイングがすでに行っているような、グローバルなサプライチェーン・オペレーションにも適用されると考えています。AIとIoTコンピュータネットワークを用いたグローバルなサプライチェーンマネジメントは、2019年に発生してくると思います。

Blaine:あなたが正しいと信じています。お時間いただきありがとうございました。

江崎教授:どうもありがとうございます。

Blaine:こちらこそありがとうございます。

非常に洞察に富んだ会話をありがとうございました。

江崎教授:光栄です。

Blaine:本当に、これまでにない最高のVANTIQ TVのインタビューです。このトピックに関するあなたの知識はとても深いです。

江崎教授:ソリューションとなるよう願っております。

Blaine:そう願っております。Blaine Mathieuが日本の東京大学からVANTIQ TVをお送りしました。世界中の視聴者の皆様は[email protected] でいつでも私にコンタクトいただけます。

江崎教授:ありがとうございました。

This website uses cookies to provide you with a better user experience. By using our site you agree to the use of cookies as described by our cookie policy. If you do not want to accept all cookies from our website, please see our cookie policy on how to modify the types of cookies that are accepted by your browser client.